卵子提供・代理出産エージェンシー。ハワイ・マレーシアでの卵子提供、代理出産など最先端の不妊治療をご案内いたします。

MediBridge ・・メディブリッジ・・とは

MediBridge ・・メディブリッジ・・とはこれまでお子様に恵まれなかったご夫婦に、新しい不妊治療の選択肢をご紹介する、日本人向け卵子提供・代理出産のエージェンシーです。

株式会社メディブリッジ(以下、メディブリッジ)は日本東京オフィスを中心に、アジア各国やハワイ、マレーシアの医療施設との提携により、どのエージェンシーよりも、最先端の医療をきめ細やかなサポートでご提供するよう努めております。

弊社は業界最大規模のスタッフ数を持ち、充実したサポート体制により、これまで多くのご夫妻がお子様を授かるためのお手伝いをして参りました。日本・ハワイ・マレーシアのそれぞれの場所で、治療に入る前のご相談の段階から治療が終わるまで、日本オフィスを中心に、各国のスタッフが一丸となってご夫妻をサポートさせて頂きます。
高いレベルの医療サービスの提供(卵子提供・代理出産)、そして不安の多い海外での治療を安心してお受け頂くことが、ひとりひとりの方にとって、とても重要だと認識しているからです。

「多くの人を幸せにしたい」

「多くの人を幸せにしたい」
これがメディブリッジの大きな目的です。
この目的を実行するため、メディブリッジは創られました。

医療とは、たくさんの幸福を生む行為であるとわたしたちは考えます。メディブリッジは多くの方の幸せを実現するため、医療コーディネーターとして医療現場と皆様との橋渡しをいたします。

日本は先進国の一員といっても、医療分野においては、非常に遅れた状況にあります。
海外では当然のように行われている医療が、日本では非常に高額であったり、医療サービスそのものが受けられないなど、多くの日本人が悩み、苦しんでいる現状があります。

メディブリッジは一人でも多くの方の幸せの懸け橋となるために存在しています。

医療サービスの質が私どもの誇りです

メディブリッジは多くのクライアントの皆様のご要望にお応えし、常にサービスの質を向上するように心がけております。 治療を受ける患者は、様々な不安を抱えています。特に、卵子提供や代理出産といった、デリケートな内容の治療を海外で受けることに対して、患者がいろんな疑問を持つのは当然です。

メディブリッジでは、こうした患者が持つ、卵子提供、代理出産という治療方法に関する疑問や、海外での治療を受けることに対する不安を、スタッフ一人一人がしっかりとサポートさせて頂きます。

プロフェッショナルな不妊治療のアドバイスができるよう、スタッフの中には日本不妊カウンセリング学会資格保持者も複数名在籍しております。

確かな実績のある医療施設と提携し、費用面でもご負担の少ないプログラムをご提供すること。
それが、卵子提供や代理出産を必要とする患者にとって、最も必要なことだと考えています。 そのため、どの卵子提供・代理出産のエージェンシーよりも、実績と成功率・価格・信頼性・利便性において最適なプログラム(卵子提供・代理出産)をご提供することができると考えます。

実績と成功率

弊社はハワイ・マレーシアでの卵子提供及びアジアでの代理出産をご提供するパイオニアとして、いつもクライアント様のご負担を減らすプログラムをご提供しております。既に750組を超えるご夫妻のお世話をさせて頂き、弊社の代理出産プログラム、卵子提供プログラムを通じて多くのお子様が誕生しています。

卵子提供プログラムでは、最終的にお子様を授かったご夫婦は95%以上にも上っています。
代理出産プログラムでは一回の移植で平均55%前後の結果を出しております。

また弊社は、質の高い卵子提供プログラムをご提供するために、日本最大の卵子バンクを運営しており、常時250名以上のエッグドナーボランティアが登録されております。卵子提供プログラムにはエッグドナーの協力が不可欠なのは言うまでもありませんが、エッグドナーの参加が絶えないことも、多くの実績があるからこそです。

価格

これまでの日本人向け代理出産のエージェンシーは、アメリカに存在しておりましたが、多くの方から価格・距離・不便さなどの不満の声がございました。
メディブリッジは最先端の医療技術や設備を持つ病院、手術経験豊富な有能ドクターとアジアで提携することによって、費用をアメリカの約2分の1から4分の1に抑えることができました。

提携先病院をアジアの優れた病院とすることにより、米国で行う際の治療費用と比べ、断然に安く、クオリティの高い医療サービス(代理出産プログラム)を提供します。

費用をできるだけ安く抑えることによって、これまでお子様を持つことをあきらめていた方々にも選択肢の幅が広がり、夢を実現する可能性が大きくなります。

また、卵子提供に於いても、ハワイ・マレーシアの優れた病院との提携により、ご希望の場所で治療をお受け頂けるよう、必要に応じた選択肢をご提供しております。

無理のない費用で治療をお受け頂けるよう、それぞれのご夫妻のご要望をお伺いしたうえで、適切なプログラムをご案内致します。

信頼性

既存の代理出産・卵子提供エージェンシーは、メールと電話でのサポートしか行っておりません。そのため、このようなセンシティブな治療内容で、かつ高額な医療費がかかることであるにも拘わらず、海の向こうの遠く離れた会社やそのスタッフと電話とメールだけで信用することに、ほとんどの日本人クライアントは躊躇されます。

メディブリッジは日本にオフィスを置くことにより、何度でもクライアント様と直接お会いし、お話合いの機会をお作りいたします。遠方の方には、コーディネーターから訪問することも可能です。何かご不安や問題が生じた時でも、スタッフが日本にいるということが大きな安心になります。

また、弊社は、日本オフィススタッフ・ハワイ・マレーシア在住スタッフ計16名体制で連携を取り、一人一人のクライアント様を国境を越えてしっかりとサポートさせて頂いております。

加えて、提携先の病院は、外国人も多く扱う大病院で過去の施術件数や内容を全てディスクローズしており、その部分においても強い信頼がございます。

利便性

卵子提供プログラム、代理出産プログラムを受けるには、時間的負担や慣れない場所で治療を受けるという緊張感も、大きな負担になります。

こういった負担を軽減するため、例えば卵子提供の場合、弊社のプログラムは、日本人が観光地としても好むハワイ・マレーシアという場所でお受け頂けるように致しました。

リゾート地としても人気の高いハワイでの治療は、豊かな自然の多い環境でリラックスしながら受けられることで、大変高い評価を頂いております。また、マレーシアでの治療は、時差が1時間という利便性、滞在費の安さ、医療レベルの高さから、非常に人気があります。

代理出産の場合も同様に、治療を時差の少ないアジアに移すことで、時間的・身体的負担が軽減され、物価水準も低いことから、滞在費用もアメリカより大幅に抑えることが可能になりました。

ご提供するプログラム

卵子提供プログラム

卵子提供プログラム卵子提供とは、子宮に問題はないが、何らかの原因で奥さまの卵子が使えない場合に行うプログラムです。 ご主人の精子と第3者の卵子を体外受精して受精卵を作り、それを奥様の子宮に移植。 奥様が妊娠、出産の過程を経て子供を授かる方法です。
野田聖子議員も卵子提供を行われたことにより、日本では更に卵子提供の認知度が高まっております。
メディブリッジでは、日本最大の登録者数を持つ独自のドナーバンクから、卵子提供にご協力頂く日本人ドナーをご紹介致します。
多くの登録者からドナーをお選び頂くことで、ご夫妻それぞれの希望条件を満たすドナーのご紹介が可能になります。 メディブリッジの卵子提供プログラムでは、日本人卵子ドナーの協力を得るとともに、ハワイ・マレーシアの実績豊富な病院と提携し、渡航での費用・時間の負担を軽減し、より治療が受けやすいシステムをご提供しております。

詳細ページへ移動

代理出産プログラム

代理出産プログラム弊社はアジアでの代理出産プログラムをご提供するパイオニアとして、経済的理由で今まで行えなかった多くの日本人クライアント様にご提供してきました。
 代理出産は、子宮に問題がある、もしくは卵子には問題がないが不育症などで流産を繰り返している、 そしてご主人の精子に問題がない場合に行うプログラムです。
奥様の卵子とご主人の精子を体外受精して受精卵を作り、その受精卵を代理母の子宮に移植。 妊娠出産の過程は代理母が引き受けますが、お子様はご夫婦の遺伝子を100%受け継いでいます。
メディブリッジはアジアでの代理出産プログラムをご提供しております。アジアの優れた病院施設・ドクターと提携することにより、医療費を格段に抑えた代理出産プログラムを可能にし、ご夫婦に出来るだけ費用面・精神面でご負担のないように、お子様を授かるお手伝いをしたいと望んでおります。

詳細ページへ移動