1. 卵子提供・代理出産エージェンシー Medibridge
  2. 卵子ドナーボランティア体験談

卵子ドナーボランティア体験談 19

命が繋がれていく~A.Tさんより~

私がドナーに登録したきっかけは、以前から登録していた骨髄バンクでドナーに選ばれたことです。
赤の他人である私が、誰かの命が繋がれていく奇跡に携われるかもしれない。と、溢れ出る思いがありました。ドナーについて詳しく知りたいと思いインターネットで検索していたところメディブリッジさまの卵子提供ドナーというページにたどり着きました。
以前から友人が不妊治療をしていたので卵子提供という言葉は知っていましたが、正直自分とは無関係なものに感じていて、もしご縁があれば・・・というくらいの思いでドナーに登録しました。

不妊治療に関してほとんど無知な状態でしたが、丁寧に何度もご説明をいただきましたし、メディブリッジの方の対応の丁寧さから、ご依頼者さまの切実な思いが伝わりこちらの責任感も強くなっていきました。同時に、時間が経つごとに自分がお役にたてなかったらどうしよう、がっかりさせてしまう結果になってしまったら・・・とか、本当に私でよかったのか、というような不安な思いも出てきました。
クリニックに行く当日まで全て電話とメールのみのやり取りでしたので、ホテルに到着した日は急に不安になり、東京の担当者の方に連絡してしまいましたが、最初の連絡からほとんど同じ方に担当してもらっていて、いつもの担当者の方に話を聞いてもらうことができたので、安心して挑むことができました。

クリニックに到着してからは不安なのは私よりもご依頼者さまだ、と気付きました。日本人のご夫婦の方と待合室で一緒になった日もあり、祈るようなお顔をされていたのを見た時は、もっと自分に準備できることがあったのではないかと恥ずかしくなる気持ちもありましたが、滞在中サポートしてくださる担当者の方もベテランの方で、私にできることや滞在中過ごしやすくなるためのアドバイスを色々くださって心強かったです。

私は出産経験があります。人生観が変わる大きな感動でした。また今回、私が経験させて頂いた事が、ご依頼者さまの奇跡に繋がることができれば、それも私にとってとても尊いことです。これが、ご依頼者の方にとって良いご縁となることを心よりお祈り申し上げます。
ご依頼者さま、メディブリッジのみなさま、本当にありがとうございました。

ハワイで初めてのドナー体験~K.Sさんより~

私がエッグドナーになろうと思ったきっかけは、不妊治療をしている知人の涙を見たことでした。
彼女はなかなか子供を授かれないでいることに苦しんでいて、今もまだ夢はまだ叶っていません。
愛する人の子供を産みたいという気持ちや、わが子を腕に抱き幸せな家族を築きたいという願いは、誰しもが持つ当たり前の感情なのに・・・。
「どうしてなの?私が悪いんだ」などと自分を責めてしまう彼女を、そんな風に悩む全ての人たちを助けたいと思いました。
ハワイでの採卵は順調に進み、特に問題もなく帰国いたしました。
帰国して数日たった頃に卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になってしまいましたが、リスクについては事前にきちんと説明を受けていたあのでショックや不安はあまりありませんでした。
メディブリッジさんは分からない事や気になる事があるといつでも親切に丁寧に対応をして下さるので、もしエッグドナー登録を迷われている方がおりましたら、私は是非メディブリッジさんに登録する事をオススメしたいと思います。
そして最後に。
私を選んでくださったご夫妻のもとに、涙を流す知人の元に、不妊で悩み苦しむ全ての方々のもとに、どうか元気な赤ちゃんが訪れます様、心からお祈り申し上げます。