不妊 治療 流れ|卵子提供・代理出産なら【メディブリッジ】

  1. 卵子提供・代理出産エージェンシー Medibridge
  2. 良く検索されているキーワード
  3. 不妊 治療 流れ

不妊 治療 流れ

一般的に不妊であると言われるのは、「妊娠を希望し、一定期間性生活をおくっているのに、1年以上妊娠しない状態のこと」となっています。その為、この定義に当てはまれば、不妊であると言われ、妊娠を強く希望する場合は、病院へ行き治療を開始するといった流れが一般的となります。もちろん、必ずしも病院に行く必要はありませんが、やはり、的確な不妊治療を行うためには、病院を受診する方が賢明です。 不妊治療を行うため、病院に行く事で開始される流れとしては、まず、原因を調べ、それに対応した治療を行います。原因が男性側にある事も少なくない為、必ず男性にも検査を受けてもらう必要があります。そうした検査結果の下、タイミング法・排卵誘発法から始まり、人工授精、体外受精・顕微授精を行う流れとなります。しかし、これらの治療を行っても必ず妊娠に至るという保証はありません。 そこで、最終的な不妊治療の流れとして考えなければならないのが、卵子提供や代理母といったものとなります。ただし、これらの場合、一般的な婦人科で行う事は出来ません。また、紹介すらしてくれない病院もあります。その為、このような治療を望む場合は、自分自身で専門のエージェンシーに相談する必要があります。これらの治療にはお金も時間も必要です。その為、少しでも行いたいと考えている場合は、早めに相談される事をお勧めします。

次の記事へ