二人目 流産 晩婚|卵子提供・代理出産なら【メディブリッジ】

  1. 卵子提供・代理出産エージェンシー Medibridge
  2. 良く検索されているキーワード
  3. 二人目 流産 晩婚

二人目 流産 晩婚

現在の日本は晩婚化が進んでおり、初婚が三十代になってからという女性も珍しくもありません。それだけ結婚するタイミングが選べるようになったと言えるかも知れませんが、晩婚の際に気になってくるのが出産の問題です。一人目を産むときは問題がなかったとしても、二人目を産むとなると流産になったり、不妊になったりする人もいます。 現在は不妊治療も発達してはいますが、それでも年齢がアラフォーになってくると二人目を流産するリスクは二十代の頃と比べるとどうしても高くなってしまいます。また、年齢を重ねると母体への負担以外に子宮の病気から不妊になることもあります。こういう場合、時間のかかる不妊治療以外に、卵子提供や代理出産という選択肢が登場しています。 卵子提供や代理出産は外国のものと思われていますが、日本にも外国の医療機関との橋渡し役を務めてくれるエージェント会社があります。こういった会社を介さずとも受けることは不可能ではありませんが、言葉の通じにくい外国の医療機関と打ち合わせをしなくてはならないので、かなりの負担になります。しかしエージェント会社に依頼すればエッグドナーや代理母の手配など、難しいことは全て任せることができます。晩婚の女性は二人目流産などいろいろなリスクがありますが、もし子供を授かるのが困難になった場合はこういった会社に相談してみるのもいいかも知れません。

次の記事へ