オリモノ 排卵期 緑色|卵子提供・代理出産なら【メディブリッジ】

  1. 卵子提供・代理出産エージェンシー Medibridge
  2. 良く検索されているキーワード
  3. オリモノ 排卵期 緑色

オリモノ 排卵期 緑色

いつもは無色透明のオリモノが、緑色になっていた。普段とは異なる色にびっくりするものの、オリモノのことは人に相談しにくいから、と放置していませんか。緑色のオリモノは、膣の炎症や感染症を知らせるサインかも知れません。妊娠を望む方は、これらの病気はしっかりと治療したいもの。排卵期に関わらず、緑色のオリモノがあったら、婦人科にかかりましょう。

膣や子宮の異常を知らせるオリモノは、緑色以外にも、黄色、茶褐色、赤褐色、ピンク色、白濁色があります。加えて、強い悪臭がしたり、泡状、かす状になる等においや状態も変化します。排卵期はオリモノの量が増え、状態の変化がわかりやすい時期です。オリモノをしっかりと見たことがないという方は、今後気をつけて見てみてください。オリモノの異変が、病気の早期発見のきっかけになるかもしれません。

不妊治療中、排卵期に緑色のオリモノがあったら、すぐに担当の医師に報告してください。炎症や感染症であった場合、治療のため不妊治療をストップしなければならないことがあります。今、不妊治療を検討するカップルは、代理出産や卵子提供も治療方法の一つとして選択肢に挙げています。専門のエージェンシーと共に進めるこれらの治療が、体調を崩したカップルの不妊治療の光となるケースも少なくありません。先の見えない治療に悩んでいるカップルも、代理出産や卵子提供について相談することができますので、ぜひ検討してみてください。

次の記事へ