おりもの 排卵前 クリーム色|卵子提供・代理出産なら【メディブリッジ】

  1. 卵子提供・代理出産エージェンシー Medibridge
  2. 良く検索されているキーワード
  3. おりもの 排卵前 クリーム色

おりもの 排卵前 クリーム色

生理が終わってから次の生理まで、体の状態に合わせておりものの量や状態も変化します。排卵前はおりものの量が特に多くなるため、おりものシートや生理ナプキンを使用して、ショーツを汚してしまう不快感を防いでいる方も多いようです。通常、おりものは無色透明ですが、排出されて時間が経ち乾燥すると、クリーム色のように見えることがあります。

排卵前のおりものの状態は、子宮や膣の状態を知るためにも注意したいものですが、うっすらとしたクリーム色なら特別異常を心配する必要はありません。しかし、明らかに黄色に近いクリーム色である場合は、膣が炎症を起こしている可能性があります。見た目の色とともに、強いにおいやかゆみを感じることがあれば、早めに婦人科で検査を受けることをお勧めします。

また、排卵期のおりものがクリーム色であっても、いつもより量がとても多い、悪臭がする、とろみがなくポロポロとした状態である等、普段と異なる場合は婦人科で相談してみましょう。不妊治療中、子供を授かるために排卵前の時期を大切にしている方が多いのですが、膣や子宮に病気がある場合、パートナーにも感染する可能性があります。お互いの体の事情により妊娠が難しい状態になってしまった、そんなカップルが不妊治療として代理出産や卵子提供を検討しています。自分に合った治療方法は一つだけとは限りません。現在の不妊治療には様々な方法があり、今進めている治療が続けられなくなったとしても、他の方法を選ぶことができます。

次の記事へ