オリモノ 排卵期 少ない|卵子提供・代理出産なら【メディブリッジ】

  1. 卵子提供・代理出産エージェンシー Medibridge
  2. 良く検索されているキーワード
  3. オリモノ 排卵期 少ない

オリモノ 排卵期 少ない

初潮の頃は少ないオリモノですが、月経周期が安定し生理とうまく付き合っていける年齢になると、オリモノの量も増えてきます。30代頃にその量はピークを迎え、特に排卵期はオリモノの量が気になるという方が多いようです。ただし、オリモノの量には個人差があるため、他人と比較して多い・少ないということを過剰に心配する必要はありません。

月経周期の中で、オリモノは排卵期に多く、生理後に最も少ないと言われています。オリモノには受精を助ける働きもあるためこのような量の変化が見られますが、もう一つ、オリモノは膣内を清潔にするという働きがあります。この働きのために、排卵期以外でもオリモノの量が増えることがあるため、生理後にオリモノが多いからと言ってすぐに異常を疑う必要はありません

不妊治療中、排卵期にオリモノが少ないため受精しにくいのではと不安になる方も少なくないようです。しかし、不妊治療中にオリモノについて気にすべきは、量よりも色や粘性、においです。膣や子宮の異常を知らせるサインとなるため、いつもと異なる状態のオリモノがある場合は、婦人科に相談することをおすすめします。もしもこれをきっかけに不妊治療の内容を再検討しなければならないという際は、代理出産や卵子提供を選択肢に加えてみてください。今の自分自身に適した治療との出会いになるかもしれません。

次の記事へ