二人目 不妊 高齢|卵子提供・代理出産なら【メディブリッジ】

  1. 卵子提供・代理出産エージェンシー Medibridge
  2. 良く検索されているキーワード
  3. 二人目 不妊 高齢

二人目 不妊 高齢

一人目は無事に赤ちゃんを授かることができたけれど二人目がなかなかできないといういわゆる二人目不妊で悩むカップルも実はとても多いのです。二人目不妊の原因としては母体もしくは男性サイドの高齢化であるとも言われています。一人目妊娠が30代の半ば前後となってくるとどうしても二人目の子作りが40代目前となってしまうのがその理由です。

高齢になると二人目不妊が急増するのは、やはり卵子もそれだけ劣化してしまったり、男性の精子の運動率なども悪くなったり元気な精子の量も激減してしまうので、より自然妊娠しにくくなってしまうのです。高齢妊娠の場合は、不妊治療の成功率も低いため国内ではあまり積極的に治療が勧められないようです。そこで希望が持てるのが海外での卵子提供プログラムなのです。

アメリカやマレーシアなどでは、高齢による二人目不妊のカップルにも積極的に卵子提供もしくは代理出産などの選択肢が与えられています。高齢だからと妊娠を諦める前に海外でのこうした最先端の不妊治療をオプションに考えてみるのも決して悪いことではありません。可能性を最大限まで広げるためにも、まずは海外での卵子提供や代理出産のプログラムの参加のためのサポートをしてくれる国内エージェントに相談してみると良いでしょう。

次の記事へ