二人目 流産 ホルモンバランス|卵子提供・代理出産なら【メディブリッジ】

  1. 卵子提供・代理出産エージェンシー Medibridge
  2. 良く検索されているキーワード
  3. 二人目 流産 ホルモンバランス

二人目 流産 ホルモンバランス

不妊治療を経てようやく授かった二人目、初産のときと同じように気をつけて生活していたのに、突然流産してしまった。授かったいのちを失う悲しみは計り知れません。流産の原因は、未だ半数以上が「原因不明」と言われています。しかしながら、現状流産を引き起こす可能性としてあげられるものはいくつかあり、その一つがホルモンバランスの乱れです。

月経周期に合わせて変化する女性のホルモンバランスは、妊娠や出産によっても大きく変化します。女性ホルモンは、体調や気持ちにも影響を及ぼすもので、バランスが崩れると体調不良やイライラとした不快な気分を引き起こします。二人目の出産で多少の慣れはあると言えど、妊娠初期は不安定な時期。この時にホルモンバランスが乱れていると、子宮や赤ちゃんに影響し、流産につながってしまうことがあります。

また、流産の後も二人目を授かるための不妊治療を続けるのであれば、まずはしっかりと体調を整えなければなりません。新たないのちを育むために、自分自身が健やかな状態であることが大切です。しかし、流産のショックからホルモンバランスが乱れ無月経や排卵がストップしてしまうという方も少なくありません。それでも赤ちゃんを望む方に向けた不妊治療として、代理出産や卵子提供があります。自分自身の心身と向き合い、これらの方法を今後の不妊治療の選択肢に含めて検討してみてください。

次の記事へ