二人目 不妊 加齢|卵子提供・代理出産なら【メディブリッジ】

  1. 卵子提供・代理出産エージェンシー Medibridge
  2. 良く検索されているキーワード
  3. 二人目 不妊 加齢

二人目 不妊 加齢

35歳以降になると、妊娠率が下がるというのは事実です。女性は加齢によって、ホルモンのバランスが崩れやすい体質を持ちます。その結果として起こるのが二人目不妊です。一人目の子供を自然妊娠できたとしても、体が変化している以上、同じようにスムーズには進まない可能性もあります。異変を感じた時には速やかに専門医に相談し、不妊治療を進めていきましょう。 加齢が原因の二人目不妊の治療は、医院などではタイミング療法や人工授精が主で、それでも妊娠しないという場合には医師の判断で体外受精なども行われます。成功の確率は、母体の年齢によっても変わります。専門のエージェンシーを利用することで、それに加えて卵子提供や代理出産などの選択肢が新たに加わります。後者の手段の利点は、高年齢の女性でも結果が出やすい所です。 卵子提供や代理出産を経て、二人目を授かることができたという高齢の夫婦も大勢います。日本ではまだ一般に用いられることの少ない方法ですが、既に海外ではシステムが確立しており、ドナーの提供や受け入れが活発に行われている国も存在します。最先端の画期的な治療法は、加齢による不妊に悩んでいる人々の悩みを解決します。興味のある人は今すぐ、専門のエージェンシーに相談してみましょう。

次の記事へ