1. ホーム
  2. 新年のご挨拶

新年のご挨拶


新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。 本年も、より一層のご支援を賜りますよう、スタッフ一同心よりお願い申し上げます。

昨年、2013年もメディブリッジでは、たくさんの命が誕生しました。 本当におひと組、おひと組、一生懸命サポートを続けた一年であり、全力で歩めた一年でした。

命の誕生ほど、素晴らしい喜びはない。 昨年も幾度もそう実感いたしました。

特にお体の事情のために、長い間苦しんでこられたクライアント様が生まれたばかりのお子様を手にした瞬間というものは、今までの苦しみが終結する瞬間でもあり、本当に精神誠意サポートさせて頂き悔いなしという瞬間でございました。

私が担当させて頂いたクライアントの奥様とそのお母様から、お子様を抱かれた際に、涙を流されながらこう仰って頂けました。 「本当に目に入れても痛くない程可愛らしい。こんな日が来るなんてまだ信じられません。ありがとうございました。」

また別のクライアント様からは 「主人をパパにすることができたことが何より嬉しく、有難く感謝の言葉も見つからないくらいです。」と言って頂けました。

このようなありがたいお言葉をたくさん頂いた一年でございました。

さて、東日本大震災から今年で3年目になります。 被災地では瓦礫はなくなったものの、復興はまだ道半ばということを知人から耳にします。 自宅の再建や災害公営住宅の建設は遅れており、政府は入居期間を4年間延長するなど、仮設暮らしは長期化を強いられている現状もあるとのこと。 本当に多くの生命を失った震災の影がしっかりと残っているのが現状ではないでしょうか?

そのような現状に我々ができること。 それは多くの喜びと幸福の源である、望まれた命が誕生するサポートだと我々は信じております。 命の誕生、家族の幸せ、そして地域の、日本の喜びに繋げていけるのだと。 それほど生命は全てを包み込むだけの幸せを与えてくれるのだと信じています。

メディブリッジは今年でいよいよ六年目を迎えます。

「多くの方に幸せになって頂きたい」 我々スタッフ一同、心の底からそう望み、関わる全ての人々の幸せを追求し、今年も邁進して参りたいと思います。

本年もスタッフ一同頑張って参ります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。