卵子提供プログラムのご案内。卵子提供の方法・流れのご案内。ハワイ、マレーシア、台湾での卵子提供をご提供しております。

  1. ホーム
  2. 卵子提供プログラム
  3. 検査・治療の流れ

卵子提供プログラム

検査・治療の流れ

卵子提供プログラムは、卵子ドナーから卵子の提供を受けてご主人様の精子体外受精後、受精卵を奥様の子宮に移植し、奥様ご自身が妊娠・出産するプログラムです。
弊社の卵子提供プログラムは、海外の弊社提携クリニック(マレーシア・ハワイ・台湾)にて行います。ご夫妻が卵子提供プログラムに申し込まれる場合、通常ご主人様の海外ご渡航は一回のみ、奥様のご渡航は二回となっております。
弊社の卵子提供プログラムでは、治療を受ける際の利便性を考え、できるだけご負担の少ないスケジュールで調整させて頂きます。

卵子提供プログラムの流れ

卵子提供プログラムは以下の流れで行います。

  1. 弊社ウェブサイトよりお問い合せ(お問い合せフォームの入力
  2. メディブリッジスタッフへのご相談(無料)
  3. メディブリッジ東京オフィスによる個別詳細面談(要予約/有料 5千円/1回 *注1)
    [遠方の場合はスタッフが伺うことも可能です(有料)]
  4. 卵子提供プログラム実施をご夫婦が希望する場合、 申請書のご郵送および申請費用のお振込
  5. 申請書内容の確認、リスク、費用の説明
  6. メディブリッジとのご契約。渡航日程の決定
  7. 第一回目渡航。半日検査
    [ご夫婦で渡航。日帰り、又は1泊2日のスケジュールになります。]
  8. 登録卵子ドナープロフィールのご紹介及び決定
  9. 卵子ドナーとのスケジュール調整後第二回目の渡航
     [奥様のみで渡航可能。約1週間前後の滞在になります。]
  10. 現地の病院での体外受精
  11. 日本にて妊娠判定
  12. 妊娠期を過ごされた後、出産

注1)面談で発生した費用は、卵子提供プログラムに申込まれた場合返金いたします。