1. ホーム
  2. Q & A

Q & A

代理出産Q & A

メディブリッジが初めてアジアでの代理出産治療を提供した会社とは本当でしょうか?
はい、メディブリッジはアジアでの代理出産治療のパイオニアとして、数多くの日本人クライアント様のサポートを行って参りました。
経験、実績とも弊社が一番豊富であり、多くのご夫妻が、弊社を通じてお子様を授かっておられます。
代理出産は誰でも行えるのでしょうか?
弊社では代理出産治療を誰にでもご提供しているわけではありません。医学的に代理出産でなければお子様を授かることが難しいという証明・診断書が必要になります。
もしくはメディカルチェックに通った方のみ代理出産を行うことが可能です。尚、お申し込みはご結婚されておられるご夫婦でなければなりません。
日本から凍結受精卵を移送して代理出産を行うことは可能でしょうか?
弊社では凍結受精卵の移送が可能であり、移送後代理出産プロセスを行うプログラムも提供しております。
癌による子宮・卵巣摘出を行う前に凍結胚を日本の病院に保存したのですが、子供を授かるチャンスがあるでしょうか?
以前凍結された受精卵がある場合、その凍結胚を海外に移送し代理出産を行うことによって、お子様を授かる可能性がございます。
生理がないため排卵時期がわかりません。どのように治療を始めるのでしょうか渡航する前にも診察などはするのですか?
基礎体温表をとることにより周期がわりますのでご安心ください。渡航前に日本で検査を受けて頂いております。
海外で治療を行うということですが、不安です。しっかりとサポートしてもらえるのでしょうか?
弊社は現地にスタッフを準備しており、また東京品川にオフィスがあるため、常時しっかりとしたサポートが行えるよう体制を整えております。
また弊社スタッフは全員不妊治療コーディネートのプロですのでご安心ください。
代理出産を行う際に、産み分け(着床前診断)を行うことはできますでしょうか?
着床前診断も行うことが可能です。
代理母は誰でもなれるのでしょうか?
代理母には、健康で出産経験がある既婚の女性しかなることができません。
マンジ事件を耳にしました。代理出産で子供を授かっても、日本に子供を連れて帰れないことはありますか?
インドのグジャラート州、アーナンにあるナイナ・パテル医師のクリニックでマンジ事件が起こりました。
弊社が確認しただけでも2件、日本人夫婦がインドのグジャラート州、アーナンにあるナイナ・パテル医師の元で子供を授かったものの、日本に連れて帰れなくなっております。(2011年9月時点)
弊社ではこのようなトラブルが起こらないよう、しっかりとサポートさせて頂きます。
一度に複数の代理母と契約できますか?
弊社ではこのような契約は行っておりません。弊社のポリシーとして代理母とレシピアントご夫妻は必ずWIN-WIN関係でなければなりません。代理母を軽視するような契約は断固として認めておりません。
双子が産まれた場合の費用は変わるのでしょうか?
双子の場合は若干費用が異なります。詳しくはメディブリッジにお問い合わせくださいませ。
日本人ドナーの卵子を用いた代理出産は行えますか?
弊社では日本人ドナーの卵子を用いた代理出産は可能です。
ただ誰にもご提供するのではなく、卵子提供が必要なレシピアント様のみになります。