1. ホーム
  2. 年齢と出生率の関係

年齢と出生率の関係

「何歳まで私は子供を授かれるのだろう?」

このように思われたことは、女性なら皆あるのではないでしょうか?
下の表はその問いに対しての答えであります。

出生率と年齢

出生率と年齢

こちらの表は、体外受精(IVF)を行った際に、自己卵子を使用した場合とエッグドナーの卵子を使用した場合の出生率を示しております。
「ドナー卵子」のラインですが、これはレシピアント夫婦(卵子提供される側の夫婦)の年齢は基本的に関係ございません。エッグドナーの年齢が20歳~30歳であり、彼女たちの卵子を使用しますので、成功率(出生率)はとても高くなる数字が出ております。

一方自己卵子を使った場合、奥様の年齢に対する卵子の状態(生殖力)が非常に影響していることがわかります。
特に年齢が35歳を過ぎる辺りでは急激に卵子の生殖力が低下するため(卵子の老化)、体外受精をしても成功率が低くなる傾向です。

ここでは体外受精の出生率を示していますが、自然妊娠の成功率もこれと同じく年齢が重要な要因になります。
45歳を過ぎると例え体外受精でも出生率は0%付近になることもこの表で示しております。
(注:例外もあり、例え45歳を超えてもお子様を授かられる方はもちろんおられます。ただ難しくなるのは事実でございます)

弊社が扱う代理出産プログラムにおいても、体外受精を行います。
ですから、例え妊娠するのが代理母だとしても、奥様の採卵時の年齢(卵子の生殖力)がとても重要になります。

また弊社にてアドバイスしていることなのですが、もし自然妊娠(タイミング法)でも半年、1年と結果が出ない場合、例え30歳前半でも、一度医療機関にて受診されることを強くお勧めしております。

人生は一度きりで、残念ながらご年齢(卵子の年齢)が戻ることはありません。
そのため、出産できる年齢(卵子の生殖力)をいつも頭に置いて、人生設計をされることも重要となってきます。